お客さま事例

クラウドサーバ 導入事例:

社会福祉法人 県央福祉会 さま

社会福祉法人 県央福祉会さま
神奈川県の社会福祉法人の中でIT環境のトップをめざしたい
私たちにとってSKSSさんはハード環境の業者というより、我々のIT業務のパートナーととらえています。クラウドサーバを利用したIT環境が整ったので、いろいろな利用方法を検討中ですが、例えばレストラン、食品製造・販売店さらに保育園等にデジタルサイネージを置いて、毎日変わる必要な情報を表示するといった利用方法も面白いのではと考えています。理事長の言葉ですが、私たちは神奈川県の社会福祉法人の中でIT環境のトップをめざしたいと思っています。それが利用者さんのためでもあり、また職員の離職率を下げることにもつながると思いますね。

社会福祉法人 県央福祉会
情報システム室  吉田 一郎 さま

導入前の課題

  • 100カ所を越える事業所の業務をITで一本化したい
  • セキュリティ面を強化したい
allow

導入効果

  • セキュリティが高まり
    イントラネットが確立してデータのやりとりが効率的になった
導入ポイント
  • 100の事業所のIT環境をクラウドサーバで一本化
    情報のやりとりを効率化し、セキュティを高める

事業所ごとにサーバやソフトを導入していた環境を改善

昭和50(1975)年、神奈川県綾瀬市に一部屋の「子ども生活相談室」が開設されました。この「子ども生活相談室」がその後発展し、昭和57(1982)年、大和市の「社会福祉法人県央福祉会」としてスタート。今では設立から30年を越え、職員数約1300人、事業所も県内9市100カ所を越える大所帯となりました。業種も福祉、介護、保育、医療と多岐に渡って展開されています。
社会福祉法人の施設にはひとつの建物にベッドがいくつもあるところもありますが、県央福祉会さまの特徴は小規模の事業所が100カ所もあるところです。従来はそれぞれの事業所ごとに会計システムやソフトを入れていたため、効率が悪く、しかもセキュリティ面にも問題がありました。
そこでそれぞれの事業所で行っていた業務をITで一本化できないかと、2年前から県央福祉会さまとNTT東日本とSKSSの3者でプロジェクトを組み、議論しながら築きあげたのが今回のクラウドサーバとインフラ基盤サービスを利用したシステムです。昨年4月に環境が整い、これから会計ソフトや請求ソフト、人事管理システム等を導入し、より有効に活用しておられます。

データが共有化できてセキュリティ面も大いに進化

今回のシステムができるまでは、Aの事業所のデータが欲しいというときにはAの事業所まで行ってパソコンを借りるということもありました。もちろんメールでデータのやりとりもできましたが、紙ベースですと印鑑を押してからさらにその紙をスキャニングして送るという手間があり、これがイントラネットが確立されたことで効率的にデータのやりとりができるようになりました。
また、職員の就業規則も従来は紙で印刷して配っていたのですが、内容が変わるごとにいちいち直して100カ所に配らなければなりませんでした。それが今はクラウドサーバのひとつのフォルダに最新版が管理されているので、そこだけ直せばよくなったのです。また、100の事業所を内線電話で結ぶということもできるようになりました。
それと何よりも大きな成果だったのがセキュリティが高まったこと。今まで100の事業所にそれぞれサーバやインターネットの接続があったので、不審者の侵入口が100あったようなものでした。また、職員がデータをコピーして持ち帰ることも容易にできる環境だったのです。県央福祉会さまでは利用者の銀行口座や服用している薬の情報といった大切な個人情報を抱えています。それが今はセキュリティ機能の高いクラウドサーバにデータが管理されているわけですから安心です。また、自宅作業が必要な職員は自宅のパソコンからクラウドサーバにリモートアクセスできてデータを見ることができますが、自宅のパソコンにはデータは残らないというのも安心なところです。

89項目の目標のクリアと職員のリテラシーの向上が今後の課題

これからの活用方法はまだいろいろと考えているところですが、ひとつには100カ所の事業所が参加するテレビ会議をできるようにしたいという構想があります。これまでですと研修をしようと思っても職員の勤務シフトの違いから、1300名のうち300名しか集まらないこともありました。それがこれからは全事業所の職員に講習を受けさせたい時、テレビ会議を使えば勤務シフトの違う職員でも講習が受けられるようになります。このテレビ会議は既に実行していますが、県央福祉会さまではIT活用のための改善項目を89項目設定して取り組んでいるそうです。
それとせっかく環境を整ったのですが、職員の情報リテラシーの面がまだまだ低いので、利用者の個人情報の取り扱いやメールの送受信のルールなどを「eラーニングシステム」を利用して勉強してもらおうとも考えています。将来的にはロボットをもっと介護に有効に使えないかなどというようなことも考えており、新しいことへの取り組みが利用者のメリットになり、また職員のエネルギーになると期待しています。

space

社会福祉法人 県央福祉会

*設立:1982年

*法人事務局本部:

〒242-0021  神奈川県大和市中央2-4-8  S・Kビル101

TEL:046-200-2888  FAX:046-200-2884

理事長:佐瀬 睦夫 理事長


*県央福祉会の使命(ミッション)

  1. 福祉の現場は、「社会の仕組みや制度を変える」使命があります。
  2. 福祉の現場は、「社会保障の第一線である」と認識し活動する使命があります。
  3. 福祉の現場は、「どんな人の人生も肯定される社会を作る」使命があります。

誰もが一人の人間として尊重され、共に支えあい暮らしていく。
たとえば、小さな子供たちがスクスクと育つように
たとえば、重い障がいがあっても豊かで充実した生活が営めるように。
たとえば、人生の最後を安らかに迎えられるように。人それぞれのライフステージを支援する。
それが私たち県央福祉会の使命でもあるのです。

お客さま事例一覧へ

ページ上部へ